中世以降

AFTER THE MIDDLE AGES

片切彫で蓮華文が施された中国龍泉窯産の青磁碗も展示しています。

中世から近世初頭の陶磁器は茶の湯に用いられたものが多くみられます。茶臼の上臼は碾茶を挽いて抹茶にするために用いられました。陶器は瀬戸・美濃産の碗・皿や常滑産の甕,磁器は肥前産や瀬戸産の製品がひたちなか市域にも大量に入ってきたようです。

中世~近代展示エリア

中世~近代展示エリア

鎌倉時代から近代にいたる陶磁器

鎌倉時代から近代にいたる陶磁器が並ぶほか,大沼経塚群から出土した金色に輝く経筒(市指定有形文化財)などがあります。太平洋戦争の高射砲陣地から出土したガスマスクなどは,戦争の様子を今に伝える資料です。

大沼経塚出土経筒

大沼経塚出土経筒

市指定有形文化財

大沼経塚群から出土した金色に輝く経筒

市内馬渡にあった2基の塚のうちのひとつから,金銅製の経筒が出土しました。
経筒に刻まれた銘文から,常陸国に住む六十六部廻国聖である道白が天文十年(1541年)に埋納したものであることがわかります。